[今更ながら]2013秋M3 CDレポ (Asterism “ふゆじたく”)

もう既に次の2014年春M3募集が終わってしまってますが、
振り返り?みたいな感じでぼちぼち前回M3で頂いたCDの曲の感想を書き連ねようかと思います。


Asterism:「ふゆじたく」

実はM3友の会でたまたま目についた、というのがきっかけで手に取った一品。
デモをお聴きになると分かるが、
曲調がとても穏やかで優しい。
この記事を書いている今は真冬の時期となってしまったが・・・

曲全体を通して、
”秋色一杯に染まった山間の道を散歩している”かのような、
”音の彩”がとても心地よい。
目をつむれば、ふと、どこからかふってくる落ち葉を手に取りそうな、そんな感じだ。

アルバムの後半にかけて、徐々に冬の姿に変わる自然の光景その物が表現されているのも、
見所の一つではなかろうか。

山派な自分だけだとは思うが・・・
このアルバムを聴いてると、ふと、また山へ行きたいな、という気持ちが湧いてくる・・・。

[今更ながら] 2013秋M3 CDレポ (EBI zanmai “RAIN”)

もう既に次の2014年春M3募集が終わってしまってますが、
振り返り?みたいな感じでぼちぼち前回M3で頂いたCDの曲の感想を書き連ねようかと思います。


EBI Zanmai:「RAIN」

こちらのアルバムのコンセプトは、タイトル「RAIN」にクローズアップし、
様々な”角度”からイメージした世界観を作ろうという物。
その為、曲を聴いていても、余りナイーブな気持ちにならない(聴く人にも依るかもしれないが)。
ある時は雨の街の音、
ある時は雨上がりの音、
ある時は憂鬱なれども雨降る光景を見て佇んでいる時の音、
様々にあふれる情景に心打たれる者も多いと思う。

”雨はいつか降り止むものだ・・・”

そんな事がふと心に浮かんだ時、きっと晴れやかな明日へ運んでくれるような、
そんなアルバム。

梅本竜さんを思ふ

うおお・・・命日が過ぎてしまった・・・。
が、めげずに書き書き・・・。
お盆の時期と言う事もあり、
恐らく帰ってこられてることでしょうし、梅本さんに語る感じでつづりたいと思います。

梅本さんとの出会いは、やはりフリーMML作曲ツール「サクラ」無くして語れません。
何より、インパクトがあったのが、サンプルにあった梅本さんの曲でした。

あの気持ちのいい独特の世界観を作り出す和声には、
ほれぼれとしたものでしたし、自分が曲を作る世界へ足を踏み入れたきっかけにもなりました。

その後、徐々に親交する機会も増え、
実際にお会いしてお話しをしたりもしましたが・・・
回数を重ねても、なんというか、尊敬の念ばかりが浮かんでたんですよねぇ。何故か。

”オーラ”のある方々って、芸能関係であるとか、凄腕経営者であるとか、
偉人賢人に備ってる物という認識なんですが、
まさに、梅本さんはその”オーラ”を纏ってたんだろうなぁと、今は思ってますね。
ただ、その”オーラ”はなんというか、感じたことの無いタイプでしたが・・・w

現状、梅本さんに申し訳ないなぁと感じてる事は、
サクラコミュニティとの関係が薄くなってしまった事かなぁと。
すっかり自分の創作環境もDAWに変わってしまい、MMLに触れる回数もほとんどない状態。
まぁ、だからと言って、完全に縁を切ると言う事をせず、
たまーに顔を出して、アクティブなユーザとの交流が出来ればなぁとは考えてます。

自分は1回きりのサクラユーザオムニバスCDの企画でしたが、
今では複数の方々が取りまとめてアルバムも出されてますし、
サクラコミュニティはまだまだ健在なのが、実は内心嬉しかったりもあったり。

梅本さんの遺志を継ぐ者・・・っていうカッコイイ肩書きは残念ながらないですが、
梅本さんのエッセンスを少しずつ吸収したり、
お手伝いできそうな所はちょびっと顔出したり、やっていこうかなと思います。

次、梅本さんにかの場所でお会いする時には、
胸を張ってこんなことをやってきた、と報告出来るようにしたいなぁと言うのが、
当面の自分の目標にもなりそうです。


追記(2013/08/19記述)
国本さんも梅本さん記事書いてたので、リンクをば。
お金なんてなくてもいいんですよ / 梅本竜
「お金なんてなくてもいいんですよ」かぁ・・・梅本さんらしいなぁ。