梅本竜さん4回忌

今年も巡ってきました。

そろそろ、個人的に偲ぶだけに留めておくことにしようかなと思っています。
(実はご実家の場所やお墓の場所を知らなかったりします・・・)

とはいえ、夏に思い出すのは、
以前、ちょくちょく開催頂いたオムニバスアルバム企画での
”皆でM3やコミケに参加!”。

1度だけ夏のコミケに行った事がありますが、
その1回は作曲ツールサクラのオムニバスアルバムが出たからだったんですよね。

その時も梅本さんは精力的に売り子されていたような記憶があります。
梅本さん経由でサクラや近辺に顔を出されていた、
石川さんのブースにもちょびっとだけお邪魔してた気もします。

書いてて思い出してきましたが、
その時はan*さん、おむれつさんなど、当時のサクラ勢にも沢山会えたなぁとも。

まぁ、積もる思い出(そこまで沢山では無いですが・・・)を思い出しつつ、
自分自身の次の目標に向けて、
梅本さんの墓前で胸を張って報告出来るように、
また1年走っていきたいなと。

ブログに書く時点で密かにではないですが、
そんな心持で、今年も梅本さんを偲びます。

梅本竜さんを思ふ

うおお・・・命日が過ぎてしまった・・・。
が、めげずに書き書き・・・。
お盆の時期と言う事もあり、
恐らく帰ってこられてることでしょうし、梅本さんに語る感じでつづりたいと思います。

梅本さんとの出会いは、やはりフリーMML作曲ツール「サクラ」無くして語れません。
何より、インパクトがあったのが、サンプルにあった梅本さんの曲でした。

あの気持ちのいい独特の世界観を作り出す和声には、
ほれぼれとしたものでしたし、自分が曲を作る世界へ足を踏み入れたきっかけにもなりました。

その後、徐々に親交する機会も増え、
実際にお会いしてお話しをしたりもしましたが・・・
回数を重ねても、なんというか、尊敬の念ばかりが浮かんでたんですよねぇ。何故か。

”オーラ”のある方々って、芸能関係であるとか、凄腕経営者であるとか、
偉人賢人に備ってる物という認識なんですが、
まさに、梅本さんはその”オーラ”を纏ってたんだろうなぁと、今は思ってますね。
ただ、その”オーラ”はなんというか、感じたことの無いタイプでしたが・・・w

現状、梅本さんに申し訳ないなぁと感じてる事は、
サクラコミュニティとの関係が薄くなってしまった事かなぁと。
すっかり自分の創作環境もDAWに変わってしまい、MMLに触れる回数もほとんどない状態。
まぁ、だからと言って、完全に縁を切ると言う事をせず、
たまーに顔を出して、アクティブなユーザとの交流が出来ればなぁとは考えてます。

自分は1回きりのサクラユーザオムニバスCDの企画でしたが、
今では複数の方々が取りまとめてアルバムも出されてますし、
サクラコミュニティはまだまだ健在なのが、実は内心嬉しかったりもあったり。

梅本さんの遺志を継ぐ者・・・っていうカッコイイ肩書きは残念ながらないですが、
梅本さんのエッセンスを少しずつ吸収したり、
お手伝いできそうな所はちょびっと顔出したり、やっていこうかなと思います。

次、梅本さんにかの場所でお会いする時には、
胸を張ってこんなことをやってきた、と報告出来るようにしたいなぁと言うのが、
当面の自分の目標にもなりそうです。


追記(2013/08/19記述)
国本さんも梅本さん記事書いてたので、リンクをば。
お金なんてなくてもいいんですよ / 梅本竜
「お金なんてなくてもいいんですよ」かぁ・・・梅本さんらしいなぁ。

梅本竜さん一周忌

16日は梅本竜さんの一周忌。

あっという間に1年が過ぎてしまった。
当たり前ではあるが、梅本さんのサイトも軒並み消滅してしまったものの、
ツイッターアカウントは今も当時のまま止まっている。
twitter.com/ryu_umemoto

それを見ると、ふとした時に書き込みされるんじゃないかと思ったりしてしまう・・・w

そういえば、非常に懐かしいサイトのデータが、データ整理中に奥から出てきた。
初期の月刊サクラだ。当時、初代編集長を梅本さんが勤めていた。

データのバックアップなんて取ってないと思いこんでいたが、
サイトトップ等編集するためにFTPで落としていた物が残っていたようだ。

初期の月刊サクラ

初期の月刊サクラ



サクラから離れて暫く経つが、ユーザー同士が教え合って、
アドバイスを掛け合ってというスタンスは今でも続いているのも、
やはり梅本さんの尽力があったからなんだろうな~と、思い返していた。
月刊サクラも、いろいろ形を変え、人を変えつつも継承されている。

サクラを使わなくなった今、データだけ持っていても仕方が無い。今のユーザに提供出来たらとは考えている。
そのうち、今の主力ユーザさんと相談するかな。