2012秋M3 CD感想 vol.04

今更で非常にすみません・・・年明けちゃった・・・テヘッ(殴
枚数が多いので、ちょびちょび分けて書きます。スンマセン。
—————-
本日は、月子さんのColor Projectアルバム第3弾「Black mind Red soul」です。

月子さんを中心に活動されているアルバムプロジェクト「Color Project」の内の一つ。
CD紹介にもある通り、”ダークで熱くカッコイイ!”をコンセプトに作成された1枚。
内容的はテクノポップやV系、サイバー系と言った、”イケイケ系”が占める。

分厚く重いギターサウンド、荒れ地を駆け抜け疾走するシンセ、真黒に燃えあがるドラム・・・
世界を黒く染め行くサウンド達を従えた真っ赤な女王、ボーカル「月子」の姿が浮かびそうな程、
魂から湧くパワーと攻撃的な歌詞と歌声。

決してナルシーというわけではない。
着飾り自らを主張する物ではなく、意外なほどにストレートな”叫び”であると感じた。
そして、聴く者の聴覚から魂にかけて揺さぶりを与えるのでは無かろうか。

ちなみに、うちが一番気に入ったのはトラック5「罪人に償いを」とトラック7「君の傍に」の2曲。
「心からの叫び」を歌にしたような曲は、個人的に好きだったりする。
身の内から強烈なパワーを弾け出すがごとく全力で歌い、音楽を奏でるのは、
聴いていると、自分の心に揺さぶりがかけられるような感覚に襲われる。それがまた心地よい。
(内蔵がどうとかそういうんではなく、高揚感と身の内から出る熱が自分にも宿るようなそんな感覚)

月子さんの七変化な歌声にはアルバムが出る度に驚きと新鮮さを覚える。
気になった方は、是非月子さんの自在に変化する歌声を聴いてみて欲しい。